FC2ブログ

梅・猫・猿



岩合さんの「ネコ歩き」や写真集「ねこの京都」で

一躍有名になった梅宮大社に行って来ました。

IMG_0261n.jpg



縁結び、子授け、学業、酒造の神として祀られています。


IMG_0265n.jpg
酒樽がいっぱい

IMG_0267.jpg



今回の目的は、その名の通り

神社境内と庭園に咲き誇る梅を見ること。

もうひとつは岩合さんをも魅了した

十数匹の猫に会うことです。


境内に入ると、さっそくいました!


IMG_0270.jpg
さび猫さんがお出迎え


IMG_0272.jpg
こちらはキジ猫さん


IMG_0274.jpg



あたしも我を忘れて写真を撮っていました。

岩合さんになったつもりです。


IMG_0279.jpg
受付嬢ハゲキジちゃん


IMG_0280.jpg



社務所では受付嬢がお仕事中。

宮司さんが出られない時も

猫がみんなの注意をひいています。

これでは誰も文句言いませんね。


IMG_0268.jpg
ベッドの中に黒猫ちゃん


受付のすぐ横の縁側には猫ベッドが

たくさん置いていました。

この時は黒ちゃんが使用中。


IMG_0276.jpg


社務所の横にえさ場がありました。

食べに来たのは、大きな白黒ちゃんです。


IMG_0275.jpg
さっきのキジちゃんかな



みんなのんびりしていて、

写真撮影にも慣れているようです。

猫は神社で飼われているので、

参拝者が餌をあげることはできませんよ。


IMG_0282.jpg
ひなたぼっこしてるのはだあれ


IMG_0283.jpg
大きな絵馬も猫?


IMG_0285.jpg
ぽつんと離れて 黒Ⅱ




IMG_0313.jpg
リピーターに慣ついている長毛ちゃん

IMG_0321.jpg
ノルウェイジャン風


みんな保護猫だそうです。

写真に撮れなかった真っ白ちゃんもいましたし、

いつぱい猫ちゃんを見ることができました。


IMG_0315.jpg
鉢猫

IMG_0304.jpg
第二受付嬢


IMG_0326.jpg
お見送り嬢



もちろん梅も堪能しました。

蒼空に紅白の花が映えて

春の到来を感じました。


IMG_0293.jpg




IMG_0296.jpg




IMG_0303.jpg



それでは、猫神社とお別れし、

次に嵐山に向かいます。


 



嵐山モンキーパークは、渡月橋のすぐ近くにあり

アクセスも抜群なのに、なぜか日本人より

外国人に人気のスポットなんです。


IMG_0328n.jpg


かなりきつい山の階段を登ります。

ちびっと筋肉痛になりました。

階段にはさっそくお猿さん。


IMG_0332.jpg
歓迎猿


IMG_0333.jpg


IMG_0389.jpg
京都市内一望


やっとの思いで登りつめ、

お猿の楽園に到着です。



IMG_0342.jpg
池に水を飲みに来た子猿


IMG_0339.jpg
落ちそうで落ちない

IMG_0406.jpg
小屋の中から餌やり

IMG_0347.jpg
あたしにちょうだい


IMG_0345.jpg
僕たちにちょうだい



パークにはお猿がいっぱいですが、

餌やりは小屋の中からだけできます。

りんごまたは殻つきピーナッツ、100円也。


IMG_0384.jpg




IMG_0398.jpg



小屋の網に張り付いて餌がもらえるのは

上位の猿とその子供だそうです。

身分の低いものは小屋に近づかせて

もらえない。

カースト制の厳しい猿社会です。


IMG_0382.jpg
母子猿


IMG_0377.jpg
変座り猿


IMG_0371n.jpg
記念撮影猿



飼育員の方が猿と一緒に撮りましょう、と

声をかけてくださいました。

ついでにいろいろ猿話も聞いちゃいました。

100匹以上の猿の顔、名前、位、癖、

全部覚えているそうです。

たいしたもんだ。


猿の世界を手に取るように眺められて、

楽しい思い出になりました。


それにしても、次々やってくるお客さんは

西洋人ばかりで驚きました。

京都の街は中国人だらけなのに。

日本人も少ししかいません。

このお猿の楽園は謎のスポットでもあります。


IMG_0401n.jpg
渡月橋



山から降りて、最後に渡月橋付近を観光して

この日のプチ旅行は終わりです。

ご清聴ありがとうございました。



スポンサーサイト

Comments 4

よっさん

No title

お出かけは京都だったんですね。
猫ちゃんがいっぱいいる神社ですか。
それは楽しくないはずがありません。
あちらこちらに猫ちゃんがいる。
触れるんでしょうか?
お日様いっぱい浴びていい匂いがしそうですね。
ここは癒されますなぁ。
ここはボランティアで保護されてるんですか?
エサとか寄付なんかがあるんでしょうかね。
みんな生き生きしてるお顔をしてます。

そしてお猿さん。
お猿が近くで見れるのは日本だけなんでしょうか?
そんなに西洋人の人が来るとは。
地獄谷の温泉につかるニホンザルは有名ですけどね。
京都にもそんなスポットがあるとは知らなんだ。
嵐山は行ったことあるのになぁ。

お猿さんも癒されますね。
そこのお猿さんは人の物をぶんどったりはしないんですね。
箕面のサルはビニール袋持ってるだけで狙われますから。

京都、長い事行ってないなぁ。
若い頃はよく行ったんですけどね。
行ってみたくなりました。

2018-03-07 (Wed) 11:41 | EDIT | REPLY |   

ぴぃ

良かったな~梅咲いてて。
私は一輪も見られへんかったけど…
「梅宮大社」って知らんかったわ。
昔、京都しかも梅津に1年程住んでたのに。
保護猫さん達を大事にしてくれてはる神社やし、
絶対にご利益あると思うわ。

渡月橋は何回か行った事あるけど、
「嵐山モンキーパーク」も知らんかった。
変座り猿にツボったわ( ´艸`)
渡月橋のおれぴーさんの写真、
風に吹かれてモデルさんみたいやんか。

ええもんたくさん見せてもろて、ありがと~。

2018-03-07 (Wed) 13:08 | EDIT | REPLY |   

おれぴー

Re: No title

よっさん様 こんばんわ♪

こじんまりした境内の社務所近辺に、
わらわらと猫が出てくるんで興奮した~。
荘苑の方もいい眺めやったけれど、
猫はそっちにはいてなかった。
猫がそれぞれ自由に生活しているのを、
ながめたり撮ったりはできるけど、触るのはあんまり、かな。
猫はここの宮司さんが飼ったはるの。
最初の迷い子を面倒見てたら、どんどん
ふえちゃったらしいよ。 
みんな幸せそうやからこっちまで幸せな気持ちになったわ。

西洋には野生猿がいないねんな。
こんなに簡単にまじかで見られるのは
すごく珍しいことで、超人気スポットになってんね。
しかも嵐山の中心にパークの入口がある。

京大の研究者たちが長い年月をかけて猿を餌付けし、
猿社会を一般公開できるようにしたんやて。
商業化されてるとはいえ、すごい値打ちある活動やと思うわ。
なんで日本人にあまり知られてないんやろね。
日本人は猿に興味なくて、パンダがええんかいな。

京猫⇔京猿はバス1本で15分ほどやし、
バス停はどちらも真ん前、駅も近い。
入園料はどちらも550円。いっぺんいってみ。 

2018-03-07 (Wed) 22:50 | EDIT | REPLY |   

おれぴー

Re: タイトルなし

ぴぃ様 こんばんわ♪

梅は2月末からいっきに咲くんやな。これは3月2日。
ぴぃさんはすこーし早かったんやわ。

梅津って、梅宮大社のある地区やんなあ。
無名やったんやろね、そのころは。
今は猫好きが集まって来てるけど、まだまだのんびり
したもんやわ。うるさい国の人もおらんし。


そうやねん。渡月橋行ってても
「嵐山モンキーパーク」知らんねん、みんな。
山登るからな、入口が目立たんねんやろな。
変座り猿、外人さんにも人気やねんて。
いっつもおかしな恰好してやる個性派さんやねん。
セクシーポーズもできるねんて。

あたし、二の腕ふっといなあ。げげー。
開脚なんぼやっても、あかんわなあ。

e-251e-249どちらも楽しいとこやし、お勧めできるわ。
ぴぃさんも機会があったら行ってみて。

2018-03-07 (Wed) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply